EDの原因と予防対策

Topics

予防と改善は同じ対策

今は普通に勃起が出来ると言っても将来的にはどうなるか分かりませんよね。いつまでも若々しく性行為をなるべくしていきたいと思ったら若いうちや勃起が出来ているうちから予防をしていかなくてはいけません。

また勃起不全になってしまったらもう二度と自分の力だけでは勃起をすることが出来ないのか?って言ったらそうではありません。

どうしても年齢を重ねれば重ねるほど勃起不全になりやすいと言われていますし、どうしても性的欲求が減少するので性行為をいざするとなっても勃起しづらくなるのはありますが、それでも勃起不全だからと言っても諦めてはいけません。

それでも一度勃起不全になってしまった人でも色々と改善をしていくことで昔のように自分の力だけで勃起をすることができるようになったと言う人も多いので諦めないようにしましょう。

そしてED予防と勃起不全の改善は基本的に同じ対策になりますので予防をしたいと思っている人、改善したい人どちらの人もご覧になってください。

EDになる原因

そもそもEDになる原因と言うのはどういったことから起こるのでしょうか?

性的欲求や性的刺激が沸かなくなってしまったことで性行為のときに興奮しなくなってEDになってしまうと思っている人が多いですが、それだけが原因ではありません。

EDは病気のサインでもあります。特に高血圧や糖尿病、脂質異常症の人はEDになりやすいと言われており、特に糖尿病患者の実に8割がEDとさえ言われています。

勃起は陰茎海綿体に血流を集めて勃起をするものです。この時にうまく血流が集まらなければ勃起に至らなくなりますよね。

血液がドロドロで血流が悪ければ血流の流れも悪くなるので当然EDになります。たかが勃起しなくなっただけと思ってはいけません。

他にEDになる原因として自己で陰茎周辺の神経が傷ついてしまったり、薬の副作用によってEDになってしまったり、幼少期のトラウマや女性から心無い一言で傷ついてしまって性行為自体に恐怖心を抱いてしまったことが原因でEDになったりと様々な理由があります。

まずは自分がEDになった原因を追究していくことがED治療の第一歩と思ってください。

生活習慣を見直す

EDになる原因としてやはり多いのが暴飲暴食をしている人が多いです。血管を詰まらせてしまう炭水化物や脂質の摂り過ぎで血管がドロドロになってしまったりあまり野菜を取らないと代謝が悪くなってしまってカロリーを取りすぎてしまえば脂肪となります。

生活リズムもバラバラで夜更かしをしてしまったりお酒やタバコなど体に悪いことの積み重なってしまった結果糖尿病や脂質異常症となってしまいますので十分に気をつけなくてはいけません。

長年積もり積もった生活習慣がたたって糖尿病とかになりEDへとなってしまうので簡単に体の改善をすることは出来ません。暴飲暴食を避けてバランスのいい食事をすることが大切です。

他にはにんにくやニラ、納豆、卵や鶏肉などの精子を作る栄養素を多く含んでいるものを積極的に取り入れるようにしましょう。どれか1つを摂ればいいというものではないですが、積極的に取り入れることが大切です。

特に日本人はたんぱく質の摂取量が少ないと言われています。精子の成分の大部分がたんぱく質ですのでたんぱく質が多い食材は沢山取るようにしましょう。

運動をしっかりと行う

食事の改善とともに運動もしっかりと行うことが大切です。今の時代は体を動かすことが減っていることで脂肪が蓄積しやすく血流が悪くなってEDになってしまうことに繋がります。

通勤には車や電車が当たり前ですし、ちょっと階段を上る時でもエスカレーターやエレベーターを使って移動しますし、そもそも仕事もデスクワークの仕事をする職業が増えてきてますます体を動かさなくなりましたよね。

いきなり激しいスポーツをしろ!っていうわけではなくて最初は簡単な散歩や最寄り駅の一駅前に降りてそこから歩いて帰ったりすることから初めて慣れてきたらジョギングをしたりしましょう。

お勧めなのは水泳をはじめとした有酸素運動です。全身運動ですし、有酸素運動は脂肪を燃焼させます。

また体が引き締まっていけば自分に自信がついてきますよね。

男性の場合は筋トレをして悪い影響になると言うことはないです。

筋トレをすれば自分にも自信がついてきて健康的になり男性ホルモンも分泌されるので積極的に運動をしていきましょう。